都市型仏壇

都市型仏壇イメージ
左:クローバー 右:光彩ロイヤル

都市型仏壇とは

「新仏壇(都市型仏壇)」それは現代住宅との共存を、徹底的に考えた新感覚あふれる仏壇です。
厳選された材料を使い、先進の技術と熟練工による手作りで、日本人のためのお仏壇を追求致しました。
それぞれのライフスタイルに合わせて選べるモダンなデザイン性、幅広い収納機能など、個性的であり、尚かつお仏壇としての荘厳さ、機能にも秀でた逸品の数々をバラエティ豊かにご提案します。

特徴

ナラ材やウォルナット、タモ、メープルといったインテリア家具に使われる銘木を主材料とした、明るい色調のお仏壇です。都市型新仏壇の最高峰「光彩シリーズ」を筆頭に透明感ある磨き塗装が特徴の「シャインシリーズ」、クラシックでノスタルジィを喚起させるデザインの「DECOシリーズ」、ビッグサイズでお祀りのしやすい内陣がコンセプトの「BIGGYシリーズ」とバラエティに富んだラインナップで、どんなお部屋にもマッチします。現代的、未来的なお仏壇として買われています。

都市型仏壇に使われる銘木

  • ナラ
  • バーズアイメープル
  • カーリーメープル
  • マホガニー
  • ウォルナット
  • オーク
  • シカモア
  • パープル
  • タモ
  • ニレ
  • シルバーハート
  • ブラックチェリー
タモ
(たも)
タモはトネリコ属に入り、この属には、大別してシオジ類とトネリコ類に分けられます。 軽い割に強い性質が貴重がられてホッケーなどのスティックにも使われています。が、何と言っても一番有名なのは野球のバットでしょう。また、家具材としても使われ、ジオ・ポンティがデザインした超軽量椅子などがあります。
ナラ
(なら)
北海道から本州、四国、九州に生育。
柾目面に虎斑(とらふ)が現われる。 ナラをはじめブナ、カシなどは、斑(ふ)が入るのが特徴であるが、斑が大きく虎の毛のような斑点模様に見えるものを虎斑(とらふ)と言い価値がある。
ウォルナット
(うぉるなっと)
クルミ科の落葉広葉樹。
木質はやや重硬で、狂いが少ない。木理が美しいため、古くから高級家具材や工芸用材として用いられてきた。チーク、ローズウッド、マホガニーと並んで世界的な高級材である。

その他の木について見る

実際にご安置された例

YG様邸【KON】
YG様邸【KON】
TD様邸【光彩ロイヤル】
TD様邸【光彩ロイヤル】

KO様邸【BON】
KO様邸【BON】

資料請求はこちら