和モダン

和モダンイメージ
左:観月 右:京錦

和モダンとは

日本人の生活様式は時代とともに変化しており、お仏壇の形にも影響しております。
「和」とは、私たち日本人だけの持つDNA。「和モダン」仏壇のシリーズは、日本人の心の安らぎと現代感覚の融合が創りだしたお仏壇で、「和」の意匠をふんだんにに取り入れた好評のジャンルです。
特に人気のある「みかげ塗り」シリーズは特許技法で森正のオリジナル。
阿波和紙を独自の塗装方法で仕上げていきます。

みかげ塗り

1200年の歴史を持つ和紙の名産地阿波徳島。原料はコウゾ。ねり(つなぎ)の材料は黄蜀葵(とろろあおい)。生産も、良質な水で湿気の少ない冬期だけという条件のもと、名工「藤森実氏」の漉いた和紙を使用しています。
独特の風合いを持つ日本の美はこうして生まれました。生まれたばかりの和紙は、無着色の生成り。この紙に命を吹き込むのは、「現代の名工」にも選ばれた古川忠晴師。古川師の生み出した「みかげ塗り」(特許NO.1102036号)という技法を使って仕上げられていきます。

「みかげ塗り」とは、和紙の持つ皺(揉み和紙)の強弱のある陰影を利用して、立体的に表現した彩度の高い塗装です。他の材料からでは決して得られない美しさは、ワンアンドオンリー、 他に真似の出来ないオリジナリティー溢れる逸品です。

基材に和紙張りを行い、【塗り】→【研磨】という工程を何回も何回も繰り返します。下塗りから中塗り、上塗りと精度が上がるにつれて色彩も美しく、鏡面の光沢を放ってきます。一品一品が手づくりで、限られた卓越技能者しか成し得ない一連の作業のため、希少価値も高い工芸品といえましょう。

阿波の名工 戎谷有輔

特徴

上記「みかげ塗り」のほか、屋久杉を使って作られた都市型タイプのお仏壇も人気です。
また、和の心美「わび、さび」を感じられるデザインのものや、六角厨子をり・デザインしたものなど、どこか懐かしい想いになれるシリーズです。

実際にご安置された例

AH様邸【観月】
AH様邸【観月】
HD様邸【千本堂】
HD様邸【千本堂】
MO様邸【みたま堂】
MO様邸【みたま堂】

資料請求はこちら